読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

birth of the cool vol.2

50年代

ショーティ・ロジャースの録音とジェリー・マリガンの10人編成バンドの録音のあとに、マイルス・デイビスメトロノーム・オールスターズの録音が2曲だけ。そこにゲッツが参加している。

しかし、メンバーが、マイルスに加えて、カイ・ウインディング、リー・コニッツ、サージ・チャロフ、ビリー・バウアー、ジョージ・シアリング、テリー・ギブス、マックス・ローチなど錚々たる面々。それをSPでどうやってまとめるんだろう、と思いきや、「Early spring」のほうは基本的に1人8小節でどんどん交換w 大物とみなされている人は16小節もらえるようで、シアリングやゲッツはそっちです。

「Local 802 blues」は、基本的に大物は1コーラス、そうでない人は2人同時ソロという強引な方法。カイと一緒にローチがソロ取っているのがかなり笑えます。

 

Birth of the Cool Vol. 2

Birth of the Cool Vol. 2