読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

Duesseldorf 1960 /John Coltrane

Duesseldorf 1960

youtubeで動画がアップされ、DVDが先に発売されていた音源。個人的にはDVDよりやはりCDで音のみに集中して聴きたいので、これが発売されて良かったです。

Rifftide」でジョン・コルトレーンのあとにソロをとるゲッツだけど、フレーズもいまいち入ってこないし、ゲッツの録音がわるいせいもあり存在感がない。そのあとに登場するオスカー・ピーターソンの方が会場を沸かせたような気がする。それにしてもピーターソンとコルトレーンの共演というのも珍しいですね。

ゲッツとコルトレーンによるドラムとの4小節交換は良いです。ここではどちらも負けていません。いや、ゲッツファンはゲッツの勝ちだというしコルトレーンファンはコルトレーンの勝ちというのでしょう。

「Ballad Medley」ではコルトレーンは「What's new」を、ゲッツは「Moonlight in Vermont」を演奏。コルトレーンのものはインパルスにおけるスタジオ録音による超名演・名アレンジとは違い、もう少し普通の演奏ですがやはりコルトレーンとこの曲は相性が良いのですね。ゲッツの方は曲の雰囲気をそのままに優しく入ります。慣れている曲だけどまたアプローチやエンディングが他のテイクと違い、新鮮な内容になっています。

 

Duesseldorf 1960

Duesseldorf 1960