読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

Stan Getz And Guests Live At Newport 1964

レパートリーはこのカルテットの録音ではおなじみの曲ばかり。冒頭、「Waltz For A Lonely Wife」ではまだ場が温まっていないような気もするけどゲッツがすぐにエモーショナルなソロを展開する。
 
このアルバムのポイントは、やはりアストラッド・ジルベルトチェット・ベイカーがゲストで共演していること、あとジャケットには書いていないけどフィル・アーソも。もっともアストラッドとチェットが共演しているわけではないけど。
ゲッツがやけにハイになってMC、アストラッドが登場する。「Garotta de Ipanema」の変に色気をつけた歌い方には閉口するけど、この録音は貴重です。

 

And Guests: Live At Newport 1964

And Guests: Live At Newport 1964