読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタン・ゲッツを聴く

スタン・ゲッツ ファンが勝手なことをいっているブログです。

The Golden Years, Vol. 1 1952-1958

ほとんどラジオ音源で、音質もわるい。アナウンスもたっぷり入っている。だからこそ、秋の夜長なんかに小さい音量で流しているといいムードになるかもしれない。 1曲目のデューク・エリントン楽団との共演「 I Got It Bad And That Ain't Good」は、ジョニ…

Everybody's Somebody's Fool /Jimmy Scott

1952年、ゲッツがバックオーケストラの一員として4曲に参加している。ジミー・スコットの声は魅力的で、これはすごくいいアルバムです。 ・・・ゲッツのソロは一切ないんですよ。ほんの数小節入るソロはゲッツのものではないと思う。「The sound」の後なのに…

At Nalen-Live in the Swedish Harlem

特にすぐれているとは言わないけど、楽しく聴けるアルバム。「News From Blueport」「A New Rhumba」「Catch As Catch Can」などここでしか聴けない曲がつまっている・・・と思いきや、「A New Rhumba」はベースのソロのみ、おまけにテーマからして純度10…

Ella Fitzgerald At The Opera House

エラ・フィッツジェラルドはジャズ界最大のボーカリストだと思う。ほかにも大物はいるけど、エンターテインメント性や進取性を考えるとやはりエラに軍配があがる。 このオペラハウス録音は、バックにコールマン・ホーキンスやレスター・ヤング、ロイ・エルド…

Stan Getz in Stockholm

間違いなく名盤。ただし、アルバム単位で聴くとイマイチ。1曲1曲がどれも最高にすばらしいのに、そういう印象がある。 冒頭「Indiana」から快調に飛ばすゲッツ。2曲目「without song」はピアノによる半コーラスのあとでゲッツが入った瞬間、空気がガラッ…

Jazz Collector Edition

すごく不思議なアルバム。この、いかにも千円盤のようなダメジャケットと、録音データ不記載ということもあり、明らかに海賊盤という印象w ところがこのアルバム、とんでもなくよい。全部で3つのセッションなんだけど、最初の4曲のアレンジが丁寧で秀逸。…

For musicians only

この物理的にあり得ない切り貼り写真、最初から3人が一同に会している絵にするつもりがなかったのかな。ゲッツのブリルハートのマウスピースが輝かしい。実はブリルハートはそんなにいいマウスピースではないそうだけど。 この3人による録音は、ライブでも…

Bird at the apollo /Charlie Parker

なぜかゲッツの録音がこのアルバムに3曲入っている。名義はスタン・ゲッツ・オーケストラということになっているけど、アレンジはウディ・ハーマン楽団のまんま。「Four brothers」でゲッツ、ズート・シムズ、ジェリー・マリガンによる交換が聴けるのはうれ…

Stan Getz and The Lighthouse all-stars

CDは2枚組26曲入りだけど、ゲッツ参加は5曲だけ。とはいっても、ショーティ・ロジャースやシェリー・マン、ジミー・ジュフリーなど西海岸のスターが多数参加。ほかにもハンプトン・ホウズ、メイナード・ファーガソンなど、ウエストコースト・ジャズが好…

Imported from Europe

ゲッツのほかにホーンが4人、曲によってはさらに1人加わっている。いわゆる中型コンボの演奏。あの北欧のゲッツそっくりさん、エリック・ノールストローム(読み方違うかな)も参加。 中型コンボの悪いところは、ソロイストが多くてゲッツのソロが短くなる…

Coleman Hawkins and Roy Eldridge – At The Opera House

もともとヴァーヴのレコードだったけど、いまはフレッシュサウンドからCD化されている。どちらもCD追加曲の1つとしてゲッツ参加の「Stuffy」が収録されている。 フロントはコールマン・ホーキンスとロイ・エルドリッジのほか、J.J.ジョンソンとゲッ…

Stan Getz Plays

ゲッツの最高傑作ともいえるアルバム。後半にバラードが固まる曲順はなんなのかな~ノーマン・グランツは何を考えていたのか、と思うけど、この曲順これはこれでいいと思ってしまうのは演奏があまりにも素晴らしいからかもしれない。 1曲目「Stella by starl…

Jazz giants '58

ノーマン・グランツのいいかげんさが表れたアルバムタイトルとして有名。1957年録音なんですよね。 内容は、ルイ・ベルソンが若干どうかと思うけど、ビッグネームが集まってリラックスしたブローイングセッションが繰り広げられる。 1曲目「chocolate sunda…

Stan Getz '57

さすがノーマン・グランツ、1953年の録音をこのタイトルで発表している。「more west coast jazz」「jazz giants 58」を超えるタイトルだw 全5曲、地味な曲が続く印象は、ボブ・ブルックマイヤーの参加によるものだろう。冒頭「Love And The Weather」も快…

stan getz quartets

初期ゲッツの美意識が凝縮されたアルバム。余裕しゃくしゃくなベテランっぽいけどよく聴いてみると若さであふれていて、「I’ve got you under my skin」では手癖フレーズが連発される。「What's new」で聴かれるイマジネーションはほとんど奇跡的かもしれな…

Live 1956 & 1957 /Manne-Getz-Zoot

全19トラックのうちゲッツ名義で10曲なので、じゅうぶんお得かと思いきや・・・うち5曲は単なるナレーション。それでも14トラック中7曲ゲッツということで割合的には満足。もっともこれらの情報は買ってみないとわからないんだけど。 ところが今度は…

Stan Getz on Roost 2

前半3分の2はピアノがホレス・シルバー。なんと「Split kick」の初演が聴けます。アート・ブレイキーの演奏と比べるとはとても同じ曲には聴こえない・・・ リチャード・ロジャース「It might as well be spring」はもともと名曲だけど、ゲッツにかかるとさら…

Stan Getz on Roost 1

ルーストでのゲッツのスタジオ録音は、「Chamber music」とか当初のフォーマットでなく、コンプリートシリーズ1と2を買って、あとは「The sound」を買えばすべて揃います。 「Chamber music」のジャケットはどこかのクラシック音楽家みたい。 こちら「Vol.…

The sound

このアルバムは、やはりB面の北欧録音の人気が高いのでしょう。なんといっても「Dear old stockholm」のジャズ初演だから。アナログでいうA面とB面の温度が全然違う、ジャズ批評には「空気が変わる」と表現されていたと思います。 「Dear old stockholm」は…

Stan Getz At The Shrine

デビッド・ストーン・マーチンによる下のオリジナルジャケットより、こっちの方が好きです。 ノりまくっていて、名曲ぞろいのこのアルバム、ライブ録音がレコード1.5枚分しかなかったから翌日スタジオ録音をして2枚分にしたそうです。 あまりにも良い内容…

Getz Meets Mulligan in Hi-Fi

ゲッツがバリトンを吹くというアルバム。ゲッツのバリトンはゲッツらしくないけど、ジェリー・マリガンのテナーはゲッツらしくないので、それでどっちがどっちかわかります。ジャズ批評では間違った解説をしていたようですけど。ソプラノを吹く演奏もあるわ…

Scrapple from the apple

52年、ライトハウスでのライブ。テナーサックスは2人参加。2013年の日本語ライナーには「最初のソロはゲッツ」と書いてあるんだけど、フレージングやストック、途中で少しアウトするところなどどう聴いても後から出てくる方がゲッツです。 「Stan Getz plays…

birth of the cool vol.2

ショーティ・ロジャースの録音とジェリー・マリガンの10人編成バンドの録音のあとに、マイルス・デイビス・メトロノーム・オールスターズの録音が2曲だけ。そこにゲッツが参加している。 しかし、メンバーが、マイルスに加えて、カイ・ウインディング、リ…

West Coast Live /Chet Baker & Stan getz

ゲッツはジェリー・マリガンの代役で急きょ参加したそうだけど、エキサイティングな演奏でこのままレギュラーでも良かったと思える内容になっています。これからだんだん演奏がつまらなくなってくるチェット・ベイカーもトランぺッターとしてのピーク期の演…

L.A. get together

いま「Live at the Haig」として販売されているこのアルバム、たぶん内容は当初の「L.A. get together」と同じなのではないかと思います。そういう前提で話を進めます。「L.A. get together」は「West coast live」と同じ音源です。 「West coast live」につ…

Dear Old Stan Getz Vol.1

マシュマロレコードから発売された、999枚限定CD。私の持っているものにはサインペンで「044」と書いています。誰か番号がダブっていたら、999枚限定というのはウソということになりますが、まさかそんなことはないよね。 内容は50年代初期のアルバム…